PROFILE

レディオサイエンス

■宮田涼一(写真右)/Vo,Gt 神奈川県出身 1985年8月22日生まれ A型

■祝迫健太郎(写真左)/Key,Cho 兵庫県出身 1988年6月30日生まれ B型

 

 2008年からストリートでのアコースティックライブを中心に活動を開始。洋楽の日本語カバーを軸とした独自のハーモニースタイルを確立すると共に同年12 月にはインディーズシングル「雨音はショパンの調べ」をリリース。地元である川崎、横浜ほか関東近郊に活動の場を広げる。毎週末に田園都市線溝の口駅で行なわれたストリートライブでは毎回100〜200名の観客を動員。手売りのみのCDも瞬く間に1000枚を売り上げ話題となり2009年12月16日、ビクターエンタテインメントよりメジャーデビューミニアルバム「レディオサイエンスVol.1」をリリース。ストリート出身の機動力を活かしショッピングモールを中心としたフリーイベントを全国で行い、幅広い年代へ着実に浸透。そのパフォーマンスとキャラクターの評価は高く、渋谷SPACE SHOWER DINNER でのライブレギュラーや(座席予約数は歴代2位を記録!)、2010 年4 月からスタートしたテレビ東京「歌の楽園」レギューメンバーに抜擢されるなど活動の幅を広げる。

 メジャー1st シングルとしてビクターよりリリーされた初のオリジナル曲「DayBy Day」が2011年度の山形さくらんぼテレビの年間イメージソングに大抜擢。同年に行われた山形テルサ大ホールでのワンマンライブは平日にも関わらずチケットソールドアウトを記録。その後山形4箇所縦断コンサートを行い更に認知を広げる。

 2013年には待望の1stフルアルバム「umbrella」を発売。デビュー以来あたため育んできた作品と新作が入った1stにして

ベスト的内容のアルバムとなる。そしてアルバム発売を皮切りに全国展開へ。

 2014年には「Road to 5th Anniversary〜五線譜〜」ツアー東京、山形、仙台、名古屋、ファイナルを川崎クラブチッタで開催。

 2015年には山形市民会館大ホールを皮切りに「Viva la Fiveツアーを開催。2ndミニアルバム「HOLAをリリース。リード曲「くちびる星夜」には作詞家・松井五郎氏も参加。

 2016年には「NEWMUSIC TOUR」で5都市8公演、会場限定シングル「Sweet/シェリー」をリリース。祝迫健太郎のピアノソロコンサート開催。宮田涼一はフジテレビ系番組「スポーツLIFE HERO'S」ジングルに参加。

 2017年には「Factry Tour」を開催、飯館村ゆるキャラ「イイタネちゃん」公式のソング「笑顔のタネ」唄/白鳥久美子(たんぽぽ)の作曲を祝迫が担当。

 2018年には待望の2ndアルバム「Yes」をリリース。1都4県8会場によるツアーを開催。

 2019年には3rdミニアルバム「Living」、会場限定シングル「Flag-ment/Cloudy」をリリース。

甘く強く艶やかに沁み入る圧倒的な美声と、優しく切なく心揺さぶる泣きの美メロを響かせるピアノアレンジが魅力のメロウポップデュオ。

©2010 Countersign, inc. All rights reserved.